農と食の持続

食料供給基地としての生産振興対策の推進

ア 事業概要

たまねぎ等の淡路島野菜の生産力強化や淡路和牛や生乳の安定生産、資源培養型水産業の推進を図るとともに、生産を支える基盤整備を行う。

イ 実施主体

県(淡路県民局)、地域団体

ウ 主な取組

淡路島の豊かな農畜水産物

淡路島の豊かな農畜水産物

(ア)淡路島農の担い手育成プロジェクト

認定農業者や集落営農組織等の効率的かつ  安定的な経営体の育成、農業後継者の就農促進及び新たに島外からの意欲ある新規就農者の受け入れを促進する。

(イ)がんばる淡路島農業人支援事業

高齢化する農家への援農活動等を通じ、将来の淡路島農業を担う若者の農業技術習得や独立就農を支援する農協等の取組を推進し、耕畜連携を踏まえた二毛作・三毛作体系の野菜生産の元気アップを図り、21世紀の御食国づくりを目指す。

(ウ)淡路島の野菜産地向上プロジェクトなど野菜生産振興

たまねぎの機械化一貫体系による省力化や生産安定技術の導入による品質向上への取組を推進している。

(エ)淡路島いちじく作付面積倍増(25ha)作戦の展開

都市近郊・温暖な気候を生かした生産拡大、高品質生産への技術向上に取り組んでいる。

(オ)淡路和牛、酪農等の生産振興

飼養環境の改善(暑熱対策、牛床マット等)による生産性の向上、自給飼料(WCS、稲わら等)の増産体制の推進や規模拡大への個別相談・指導を行っている。

(カ)淡路-水産の島再生プロジェクトの推進

漁場環境の改善、水産資源の回復、養殖漁業の推進(ワカメ等)、水産物の高付加価値化・販売促進活動の推進に取り組む。

(キ)「淡路の花」産地力アップの推進

産地一丸となって「淡路島の花」ブランド確立を進めるなど、生産・流通・販売を一体的に捉えた「淡路島の花」のブランド戦略を推進する。生産者の資質向上を図るとともに、PR活動を実施する。