暮らしの持続

北前船寄港地フォーラム in 淡路島」の開催

ア    事業概要

江戸時代から明治時代にかけて、北海道、日本海沿岸、瀬戸内海 、大阪を結ぶ

列島経済の大動脈となる西廻り航路を行き来した北前船。その寄港地の連携、

地域間交流による活性化を図るため、これまで全国各地で開催されてきた「北前

寄港地フォーラム」を、北前船を操り北海道交易を中心に活躍した髙田屋嘉兵衛

ふるさとである淡路島で開催し、淡路島の魅力を全国へ発信する。

イ    実施主体

北前船寄港地フォーラム in 淡路島実行委員会

 

 【構成団体】

兵庫県、洲本市、南あわじ市、淡路市、洲本商工会議所、南あわじ市商工会、淡路市商工会、

五色町商工会、(一財)淡路島くにうみ協会、(一社)淡路島観光協会、 (一社)淡路青年会議所、

髙田屋嘉兵衛翁顕彰会、神戸新聞社、全日本空輸(株)、 日本航空(株)、スカイマーク(株)、

西日本旅客鉄道(株)、 (株)JTB西日本、(株)日本旅行、近畿日本ツーリスト(株)

ウ    事業内容

    (ア)開催期間等

      日程:平成29年5月12日(金)~13日(土)

      会場:淡路夢舞台国際会議場・ウェスティンホテル淡路(淡路市)

    (イ)出席者

      全国の北前船寄港地関係者(行政、民間)、観光関連企業関係者等

      約500名

    (ウ)内容

       ①フォーラム

         「人の交流による地域創生」ををテーマとした基調講演及びパネルディスカッション

       ②レセプション

         関係者の交流、懇談

       ③現地視察

         高田屋顕彰館・歴史文化資料館、鳴門海峡の渦潮クルーズ等